コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アムニェマチェン(阿尼瑪卿)山脈 アムニェマチェンさんみゃくa mye rma chen; Anyémaqên shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アムニェマチェン(阿尼瑪卿)山脈
アムニェマチェンさんみゃく
a mye rma chen; Anyémaqên shanmai

チーシー (積石) 山脈とも呼ばれる。中国西部,チンハイ (青海) 省の東部にある北西から南東方向の山脈。クンルン (崑崙) 山脈の支脈の一つで,標高 3000m以上のチベット (西蔵) 高原からさらにそびえ立つ。最高峰はマチェンカンリ (瑪卿崗日) 山で,標高 7160m。ホワン (黄) 河が南麓を東流し,東端で鋭く湾曲して北麓を北西流する。山麓には草原が広がり,牧畜が盛んで,特にホワン河の湾曲部一帯で産するホーチュイ (河曲) 馬は優良種として知られる。マチェンカンリ山はかつてヨーロッパの探検家たちから幻の高峰と呼ばれていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アムニェマチェン(阿尼瑪卿)山脈の関連キーワードハイナン(海南)チベット(蔵)族自治州ゴロク(果洛)チベット(蔵)族自治州クンルン(崑崙)山脈ソンパン(松潘)湿原マチェン(瑪沁)県キャレン(札陵)湖ゴレン(鄂陵)湖

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android