アムマナーティ(読み)あむまなーてぃ(英語表記)Bartolommeo Ammanati (Ammannati)

  • 1511―1592

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタリアの建築家、彫刻家。フィレンツェ近郊のセッティニャーノに生まれる。ミケランジェロから強い影響を受けたマニエリズモ期の美術家で、フィレンツェのほかベネチア、パドバ、ローマなどでも活躍した。彫刻ではフィレンツェのシニョリーア広場の『ネプチューンの噴水』(1563~1575)が代表作。建築家としてはピッティ宮の内庭(1558~1570)とアルノ川に架かるサンタ・トリニタ橋(1567~1570。1944年に破壊されたが1957年に再建)が有名である。晩年は反宗教改革の影響を受けて禁欲的となり、1582年の書簡では裸体彫刻を制作したことを悔いている。[篠塚二三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android