アムラ文化(読み)アムラぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

アムラぶんか【アムラ文化】

エジプト先王朝時代の文化(金石併用期)。ナイル川上流のアムラal‐Amra,ナカーダ等を中心に,北は中部エジプトのアシュート付近から,南はアスワン付近まで分布する。前4千年紀に,バダーリ文化から発展したもので,ナカーダI文化とも呼ばれ,次のゲルゼ文化へと移行していく。赤色土器に白色顔料文様を描いた白色交線文土器やフリント製の魚尾形および菱形ナイフを特徴とする。動物や鳥の意匠を持つ,スレート製のパレット(化粧板)や象牙製のが製作された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアムラ文化の言及

【エジプト】より

…シナイ半島産のクジャク石や紅海産の貝など,既に交易も始まっていることが知られる。
[先王朝時代]
 原始農耕文化はエジプト独自の文化の始まりであり,上エジプトではターサ文化に続いてバダーリ文化アムラ(ナカダ第1)文化ゲルゼ(ナカダ第2)文化と継起し王朝時代へ移行する。しかし下エジプトのメリムデ文化に続くオマリ文化,マアディ文化の内容は,ナイル水位の上昇によるデルタ内部の考古学的調査の困難さのためほとんど不明である。…

※「アムラ文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android