コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカシロヅル あめりかしろづる

1件 の用語解説(アメリカシロヅルの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカシロヅル
あめりかしろづる
whooping crane
[学]Grus americana

鳥綱ツル目ツル科の鳥。ツル類中もっとも優美な種の一つといわれる。また、野生の個体数が一時は13羽を数えられるだけとなり、アメリカ合衆国カナダ両国政府の懸命な保護増殖活動によってとりあえず絶滅の危機から救われたことで有名になった。全身ほとんど白色で、顔、頭上、眼先(めさき)、口角部は皮膚が裸出して赤く、初列風切(かざきり)と初列雨覆(あまおおい)は黒い。全長約1.25メートル。カナダ、合衆国中部で繁殖し、合衆国南部、メキシコで越冬する。しかし、現在ではカナダ北部のウッド・バッファロー国立公園が唯一の残された自然繁殖地となっている。生息個体数は、1980年には118羽(野生個体98羽、飼育個体20羽)であったが、2005年には470羽(野生個体336羽、飼育個体134羽)となった。国際保護鳥の一つ。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアメリカシロヅルの言及

【ツル(鶴)】より

…ツル類は,広大な湿地や草原で生活しているので,そうした環境の減少に伴い,どの種も世界的に生息数が少なくなっている。とくに北アメリカのアメリカシロヅルは,ほとんど絶滅しかけたが,アメリカ合衆国とカナダ政府の国際協力による保護の結果,最近わずかに増え始めている。 アジアでは,ツル類(とくにタンチョウとオオヅル)は瑞鳥または神聖な鳥として多くの人に敬愛されている。…

※「アメリカシロヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone