アメリカジガバチ(読み)あめりかじがばち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカジガバチ
あめりかじがばち
[学]Sceliphron caementarium

昆虫綱膜翅(まくし)目アナバチ科に属するハチ。体長20~25ミリメートル。腹柄(ふくへい)を含む体は黒色で、橙黄(とうこう)色の斑紋(はんもん)を有し、はねは茶色に曇るジガバチの仲間である。本種は北アメリカが原産地であるが、現在ではオーストラリアやヨーロッパにまで分布を広げた。日本には1945年(昭和20)に侵入し、関東から関西の太平洋側および北陸地方の一部に局地的に定着している。巣は近縁の普通種キゴシジガバチS. madraspatanumと同様、泥でたこ壺(つぼ)型の幼虫室をつくり、カニグモを狩り、幼虫の食料として蓄える。[須田博久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアメリカジガバチの言及

【ジガバチ(似我蜂)】より

Ammophila属は青虫を狩るが,近縁のSceliphron属はクモ類を狩る。腹柄と胸部,肢に黄紋をもち,泥で巣をつくるキゴシジガバチS.madraspatanum,1946年東京付近に侵入し土着したアメリカジガバチS.caementariumなどがこの属のものである。また体が黒く青藍色の光沢があり,竹筒や木の穴に巣をつくる近縁のルリジガバチChalybion japonicumはクモを狩る。…

※「アメリカジガバチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android