コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカセンノウ あめりかせんのう

1件 の用語解説(アメリカセンノウの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカセンノウ
あめりかせんのう
[学]Lychnis chalcedonica L.

ナデシコ科の多年草。ヤグルマセンノウともいう。茎は直立し、約90センチメートルになり、全株は疎毛に覆われ、葉は対生する。茎頂に径2.5センチメートルで先端が二つに裂けた5弁花を頭状に密生する。花期は6~9月、花色は赤、白、桃。八重咲きもあり、観賞用に栽培される。本種は小アジアシベリア原産であるが、この属にはヨーロッパ原産のスイセンノウ、古く中国から渡来したセンノウ、日本の自生種マツモトセンノウL. sieboldii Van Houtteなどがある。栽培は肥沃(ひよく)な日当りのよい場所に適す。繁殖は実生(みしょう)または挿芽による。[神田敬二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアメリカセンノウの言及

【センノウ(仙翁)】より

…花は直径3cmほどで紅紫色。そのほかにも,スイセンノウL.coronaria Desu.(ヨーロッパ原産),アメリカセンノウL.chalcedonica L.(英名Maltese cross,scarlet lychnis,Jerusalem cross,scarlet lightning,シベリア原産),サクラマンテマL.pendula L.(イラスト),コムギセンノウL.coelirosa Desr.(英名rose‐of‐Heaven),リクニス・ハーゲアナL.haegeana Lem.(エゾセンノウとマツモトセンノウの雑種)(イラスト)など数種が栽植される。 また日本には数種のセンノウ属Lychnis(英名campion)植物が野生しており,その代表であるフシグロセンノウL.miqueliana Rohrb.(イラスト)は落葉樹林の林縁によく見られる大型の多年草で,茎は高さ50cmから1mに達し,直立,節はふくらみ暗紫色を帯びる。…

※「アメリカセンノウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone