コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ農業法 あめりかのうぎょうほう The Farm Security and Rural Investment Act of 2002

1件 の用語解説(アメリカ農業法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アメリカ農業法

2002年5月13日に成立した米国の農業法。対象期間は02〜07年の6年間。2002年農業法は保護主義的性格が強く、「価格変動対応型支払い」という名称の不足払い制度を復活させたほか、ローンレート(農産物を担保とする融資単価。市場価格が融資単価を下回ると返済不要)の支持価格水準を引き上げたり、大豆等油糧種子を直接支払い(生産量とは無関係に固定額を支給。期限付き)の対象に追加したりしている。01年5月に議会はそれ以降の10年間に総額735億ドルの追加農業予算の支出を決めた。02年農業法にはそのうちの約520億ドルが充当される。07年1月31日にはジョハンズ農務長官が08〜12年の5年間を対象とする新農業法案(Farm, Nutrition, and Bio-energy Act of 2007)を発表し、2002年農業法下の5年間に支払われた国内補助金よりも100億ドルを削減する予定であることを明らかにした。同法案は7月27日に米国下院を通過し、11月現在上院で審議中。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカ農業法の関連キーワードアポロ計画広東政府バタビア農業保険農協・その他の農業団体農業経営者日本学校農業クラブ高杉喜一田中稔橋本伝左衛門

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone