コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモルファスシリコン太陽電池 アモルファスシリコンタイヨウデンチ

デジタル大辞泉の解説

アモルファスシリコン‐たいようでんち〔‐タイヤウデンチ〕【アモルファスシリコン太陽電池】

amorphous silicon solar cell珪素シリコン)を基板上に非結晶質状態で薄膜形成して作る太陽電池。工程が簡単で、膜の厚さが単結晶シリコンの300分の1ですむが、光電変換率は単結晶シリコンの場合よりも劣る。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アモルファスシリコン太陽電池の関連キーワードアモルファスシリコン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android