コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非晶質金属 ヒショウシツキンゾク

百科事典マイペディアの解説

非晶質金属【ひしょうしつきんぞく】

アモルファスamorphous金属とも。原子配列に,長範囲にわたる結晶をもたない金属。通常では,金属の固体は結晶になっているのに対して,非晶質金属では規則正しい原子配列が見られない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひしょうしつきんぞく【非晶質金属 amorphous metal】

原子配列に長範囲秩序のない金属。アモルファス金属,金属ガラスともいう。液体や気体状態からガラス転移点以下の温度に超急冷することによってつくられる。熱力学的には非平衡状態にあり,結晶化温度以上に加熱すると原子配列の規則的な結晶状態にもどる。不規則な原子配列をどのように特徴づけるかは学問的に最も興味ある問題である。作製法,急冷速度などによっても構造は変化し,実際のアモルファス構造を記述するには極限的な超急冷に対応する理想アモルファス構造と,それからのずれを表す非晶質度というパラメーターが必要である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

非晶質金属の関連キーワードアモルファス金属材料アライド・シグナルアモルファス合金増本健

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android