コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラグア州 アラグアAragua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラグア〔州〕
アラグア
Aragua

ベネズエラ北部,カリブ海に面する州。州都マラカイ。首都カラカスがある連邦区の西に接する州で,海岸山脈中にある。山脈は大きな山間盆地により南北に分けられ,盆地中央部には西のカラボボ州にまたがってバレンシア湖がある。熱帯気候で,内陸部は比較的雨量が多いが,沿岸部は乾燥。肥沃な農業地帯で,サトウキビ,ジャガイモを中心に,豆類,コーヒー,綿花,トウモロコシ,米,タバコなどを産する。牧牛も盛んであるが,多くの牧場が農地に転換された。近年州都を中心に工業も急速に発展。カラカスと西のバレンシアを結ぶ鉄道が州北部を横断するほか,道路網がきわめてよく発達している。面積 7014km2。人口 119万 4982 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報