コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラス同盟 アラスどうめいUnion of Arras; League of Arras

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラス同盟
アラスどうめい
Union of Arras; League of Arras

1579年ネーデルラント南部のワロン諸州住民の間に結成された同盟。のちのベルギー王国の母体。カトリック信仰とスペインによる支配の確認を内容とし,スペイン側と講和を結んだ。これに対抗して,同年ユトレヒト同盟が結成され,ネーデルラントの南部諸州と北部諸州は決定的に分裂した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアラス同盟の言及

【八十年戦争】より

…76年11月ホラント,ゼーラント両州と他のスペイン軍支配下にある諸州との間に〈ヘントの和平Pacificatie van Gent〉が結ばれ,ここに対スペイン全国同盟が成ったかに見えた。しかし77年〈永久令〉を承認して全国議会により迎え入れられた新執政ドン・フアンDon Juan de Austriaが結局は議会と決裂した後,威信の高まったオラニエ公に対する南部カトリック貴族の反感,とりわけ78年1月ジャンブルーでの議会軍の惨敗後激化した新旧両教徒間の確執は〈ヘントの和平〉を掘り崩し,79年1月南北にアラス同盟,ユトレヒト同盟が分立した。ドン・フアンの後継者ファルネーゼはこの状況に巧みに乗じてアラス同盟を手なずけ(アラス講和),また兵を進めて85年までにほぼ南部全域を平定した。…

※「アラス同盟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラス同盟の関連キーワードオラニエ公ウィレム(1世)ウィレム1世(沈黙公)宗教改革史(年表)オランダ独立戦争ヘントの平和ファルネーゼゲントの和約オランダ史ベルギー史

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android