コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビアタール あらびあたーる

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アラビアタール
あらびあたーる
Arabian tahr
[学]Hemitragus jayakari

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。現在はアラビア半島東端の荒れた山岳地にのみ生息する。タールのなかでは最小で肩高70~80センチメートル。体色は砂色で、顔は黒い。絶滅寸前の種であるが、いまだ保護されていない。[北原正宣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアラビアタールの言及

【タール】より

…ヤギに似るがカモシカに近縁な偶蹄目ウシ科タール属Hemitragusの哺乳類の総称。アラビア半島東端にアラビアタールH.jayakari,インド半島南部にニルギリタールH.hylocrius,カシミールからシッキムにヒマラヤタールH.jemlahicus(ニュージーランドでは移入されたものが野生化)の3種が分布。体長90~140cm,尾長9~12cm,体高61~106cm,体重50~100kg。…

※「アラビアタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アラビアタールの関連キーワードタール(動物)タール

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android