黒い(読み)クロイ

デジタル大辞泉「黒い」の解説

くろ・い【黒い】

[形][文]くろ・し[ク]
墨のような色をしている。「―・い色の服」
黒みがかっている。黒に近い色である。「日に焼けて―・い顔」「冬の―・い海」
汚れて黒ずんでいる。きたない。「―・く手あかのついた辞書」
犯罪・不正の疑いが強い。「―・いうわさが絶えない人」
心がよこしまである。邪悪である。「腹の―・い男」
不吉である。「―・い死の影」
その道に熟練している。くろうとである。
「大道売りの砂糖漬を常住(じゃうぢゅう)なめつけて居やぁがるから、言語は―・いもんだ」〈滑・浮世床・初〉
[派生]くろげ[形動]くろさ[名]
[下接語]面(おも)黒い真っ黒い(ぐろい)青黒い赤黒い浅黒い薄黒いか黒いどす黒い腹黒い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android