コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒い クロイ

デジタル大辞泉の解説

くろ・い【黒い】

[形][文]くろ・し[ク]
墨のような色をしている。「―・い色の服」
黒みがかっている。黒に近い色である。「日に焼けて―・い顔」「冬の―・い海」
汚れて黒ずんでいる。きたない。「―・く手あかのついた辞書」
犯罪・不正の疑いが強い。「―・いうわさが絶えない人」
心がよこしまである。邪悪である。「腹の―・い男」
不吉である。「―・い死の影」
その道に熟練している。くろうとである。
「大道売りの砂糖漬を常住(じゃうぢゅう)なめつけて居やぁがるから、言語は―・いもんだ」〈滑・浮世床・初〉
[派生]くろげ[形動]くろさ[名]
[下接語]面(おも)黒い真っ黒い(ぐろい)青黒い赤黒い浅黒い薄黒いか黒いどす黒い腹黒い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろい【黒い】

( 形 ) [文] ク くろ・し
黒の色である。墨のような色だ。 ⇔ 白い 「 - ・い喪服」 「 - ・く塗る」
黒みがかっている。黒っぽい。 ⇔ 白い 「日に焼けて色が-・くなる」
犯罪などの容疑が濃い。不正が感じられる。 「 - ・いうわさ」
よこしまである。 「腹の-・い人」 「 - ・しあかしの悟りなきが/宇津保 祭の使
その道に精通している。玄人くろうとである。 「素人のくせに-・くしこなし/滑稽本・素人狂言紋切形」
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 )
[慣用] 頭の-鼠ねずみ 目の-内
[句項目] 黒い霧

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

黒いの関連キーワード端黒・褄黒・妻黒スバルティフォスカーニバルの朝目の黒いうちバサルトイド黒衣の天使胡麻塩頭墨を打つ蜷の腸砂糖漬墨打ち黒母衣黒小豆射干玉黒表紙黒繻子黒マメ小眼黒目黒樫

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒いの関連情報