アラー(英語表記)Arrah

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アラー
Arrah

別綴 Ara。インド北東部,ビハール州西部の町。パトナの西約 55km,ガンジス川流域の水利のよい肥沃地にあり,穀類,搾油用種子,サトウキビを産する。地方の農産物集散地。インド大反乱の一中心地。人口 15万 6871 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアラーの言及

【アッラー】より

…語源的には,アラビア語で神を意味するイラーフilāhに,定冠詞al‐が付加されたal‐ilāh(the God)が同化してアッラーフ(アッラー)Allāhになったといわれる。日本ではアラーともよばれる。イスラムの教義では,この神は天地創造以前の永遠の昔から,永遠の未来にわたって存在するものであるが,歴史的にみれば,すでにイスラム以前のアラブの間に知られていたことが,碑文や人名やコーランの記述などから知られる。…

※「アラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラーの関連情報