コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリクブカ Arikböke

世界大百科事典 第2版の解説

アリクブカ【Arikböke】

?‐1266
モンゴル帝国の第5代ハーン位をフビライと争った人。アリクボケともいう。チンギス・ハーンの末子トゥルイの第7子。モンケ,フビライの弟。モンケの南宋征討の際,カラコルム(和林)に留守職としてとどまり,モンケ没後,監国となり,フビライの即位に対抗して,1260年にカラコルムで即位した。そしてフビライと戦ったが,しだいに不利となり,64年に投降した。ここにフビライによる中国風王朝元の建国が可能となった。【吉田 順一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アリクブカの関連キーワード世祖(元)ハイドゥ史天沢廉希憲張柔郝経

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android