コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリストテレスの錯覚 アリストテレスのさっかくAristotle's illusion

2件 の用語解説(アリストテレスの錯覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリストテレスの錯覚
アリストテレスのさっかく
Aristotle's illusion

人差指と中指を交差させ,その間に球や棒などの小さな物をはさむと,それが2個あるように感じられる錯覚のこと。アリストテレスがこの現象を記述している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アリストテレスのさっかく【アリストテレスの錯覚 Aristotle’s illusion】

触覚に関する錯覚の代表例。手の指を交差させて,その間に豆や棒を挟むと,豆が2個あるいは棒が2本に感じられる錯覚。2本の指で物をつまむように二つの皮膚感覚装置に単一の刺激を作用させる際,指を交差させて物に触れるような,常態と違った対応点に刺激を受けると,感覚が二つになって感じられるため,指自体の位置の定位にも変化が起こるからと考えられている。【中根 晃】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone