アルウァンドゥス(英語表記)Arvandus

世界大百科事典 第2版の解説

アルウァンドゥス【Arvandus】

ローマ帝政末期の官職貴族。生没年不詳。464‐468年,2期にわたってガリア道長官を務めたが,不当徴収のかどで告発されローマ市へ連行された。その審理中に,彼が西ゴート王エウリックに,アンテミウス帝に対して反旗を翻してガリアを西ゴートとブルグントで分割するよう勧めた手紙が露見反逆罪で死刑を宣告されたが,のちに追放刑に減刑された。ローマ帝国の要職にありながら,ローマから離反してゲルマンにくみする彼のような人物の出現は,ゲルマン支配が浸透していく当時のガリアの状況をよく物語っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android