アルカリ性(読み)アルカリせい

精選版 日本国語大辞典「アルカリ性」の解説

アルカリ‐せい【アルカリ性】

〘名〙 アルカリの持つ性質。水溶液中で水イオンを生じて、赤色リトマス変させ、溶液が七より大きい pH を示す。⇔酸性
※風俗画報‐一六六号(1898)地理門「其反応は亜児加里性にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版「アルカリ性」の解説

アルカリ性
アルカリセイ
alkaline

溶液の pH が7以上の場合をいう.赤色リトマスを青変する.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルカリ性の言及

【アルカリ】より

…古くは陸および海の植物の灰(主成分はそれぞれ炭酸カリウムおよび炭酸ナトリウム)に対する総称(kaliはアラビア語の灰に由来する)で,のちに灰の浸出液のように強い塩基性を示す物質(陸上植物の灰の主成分は炭酸カリウム,海中植物では主成分炭酸ナトリウム)の一般的名称となった。現在では主としてアルカリ金属の水酸化物およびアンモニア,カルシウムやバリウムの水酸化物などをさすが,そのほか炭酸ナトリウム,炭酸カリウム,リン酸ナトリウムなど,水に溶けてアルカリ性を示すものにも広く用いられている。〈塩基〉の同義語としても用いられる。…

【塩基性】より

…塩基性の強弱は塩基の安定性で決まる。アルカリ金属の水酸化物の水溶液で代表されるように,塩基の水溶液が示す塩基性をアルカリ性と呼び,酸性と対比して使用する。【井口 洋夫】。…

※「アルカリ性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android