アルカリ玄武岩(読み)アルカリげんぶがん(英語表記)alkali basalt

岩石学辞典の解説

アルカリ玄武岩

相対的にアルカリの量が多く,アルカリ鉱物や少量の准長石などを含む玄武岩である[Hibsch : 1910].後にこの名称はノルム値のネフェリンとディオプサイド質オージャイトをもつ玄武岩に広げて用いられた.過剰なアルカリがあると,後期にアルカリ輝石やネフェリンまたはナトロライトが狭い範囲に濃縮するようになる.アルカリ玄武岩はアルカリ橄欖(かんらん)石玄武岩マグマ型の代表と考えられ[Kennedy : 1933],地球マントルでマグマが発生した際の基本的な生成物とされるようになった.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android