コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルカリ玄武岩 アルカリげんぶがんalkali basalt

岩石学辞典の解説

アルカリ玄武岩

相対的にアルカリの量が多く,アルカリ鉱物や少量の准長石などを含む玄武岩である[Hibsch : 1910].後にこの名称はノルム値のネフェリンとディオプサイド質オージャイトをもつ玄武岩に広げて用いられた.過剰なアルカリがあると,後期にアルカリ輝石やネフェリンまたはナトロライトが狭い範囲に濃縮するようになる.アルカリ玄武岩はアルカリ橄欖(かんらん)石玄武岩マグマ型の代表と考えられ[Kennedy : 1933],地球マントルでマグマが発生した際の基本的な生成物とされるようになった.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アルカリ玄武岩の関連キーワードウェスターウァルト岩エセックサイト玄武岩カルクアルカリ玄武岩海洋島アルカリ玄武岩正規アルカリ型花崗岩ホットスポット玄武岩プレート内玄武岩ソレアイト質系列カメルーン[山]強アルカリ玄武岩石英ソレアイト神居古潭変成帯スルツエイ火山大陸台地玄武岩スコレス沸石パンペリー石石榴石橄欖岩プチスポット西日本火山帯海洋島玄武岩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android