コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルキノオス Alkinoos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルキノオス
Alkinoos

ギリシア神話の人物。ポセイドンの孫で,四季を通じてあらゆる果実が実るスケリア島に,妃のアレテおよび子供たちと住んでファイアケス人を支配し,島を訪れる航海者たちを歓待した。アルゴ船乗組員たちも冒険の帰途ここに立寄り,イアソンとメデイアは,アレテのはからいで最初の夫婦の契りを結んだ。この島に漂着したオデュッセウスが,娘のナウシカアに発見され王宮に連れてこられたときも,アルキノオスはこの英雄にあらゆる援助を惜しまず,彼を多くの贈り物とともに船でイタカまで送り届けてやった。ところがこの親切によってアルキノオスはポセイドンの怒りを買い,船を石に変えられたうえに,市を高い山で囲まれてしまい,海とのつながりを絶たれて,2度と難破者を助けることができないようにされたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android