コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルキメデス号 アルキメデスごうArchimède

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルキメデス号
アルキメデスごう
Archimède

フランス海軍所属の深海調査船 (バチスカーフ ) で,フランス読みでは『アルシメード』号。 1961年に水深1万m級の超深海潜水艇として建造されたが,建造に際しては,ベルギーからも援助があった。潜水能力は3万 6000フィート (約1万 973m) ,重量は 61tで,乗組員は3人。母艦の『マルセルルビアン』号と常に共同で行動する。潜水能力が抜群であるだけでなく,潜水中の運動性でもすぐれており,観測機器類も従来のものより充実している。 62年に日本を訪れ,千島海溝日本海溝に潜水して,深海の海洋生物,化学,物理,地質などの調査をした。

アルキメデス号
アルキメデスごう
Archimedes

世界初のスクリュープロペラ装備の蒸気船。全長 32.4m,240t。イギリスの発明家 F.スミスが考案した2枚羽根のスクリュープロペラ (直径 1.75m) を装備して,1839年に建造された。試験航海で9ノットの速力が得られた。その後イギリス沿岸巡航に好成績を収めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルキメデス号【アルキメデスごう】

1839年英国のF.P.スミスが完成したスクリュープロペラ装備の汽船。長さ32.3m,総トン数約240トン。英国沿海一周の試験航行に成功,スクリュープロペラの優秀性を立証した。
→関連項目

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアルキメデス号の言及

【スミス】より

…実験中,ねじ山の一つが折れたが,これによりかえって船速を増したことにヒントを得て,二枚翼のスクリューを考案した。39年には直径1.75mの二枚翼スクリューを装備した長さ32.3m,総トン数約240トンのアルキメデス号Archimedesを建造,同船は,イギリス一周の試験航海でスクリューの優秀性を実証し,当時,ブリストルの造船所で鉄製汽船グレート・ブリテン号を建造中であったI.K.ブルネルは,予定していた外輪をやめスクリューを採用したほどであった。【在田 正義】。…

※「アルキメデス号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルキメデス号の関連キーワードスミス(Sir Francis Pettit Smith)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android