コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルグール arghūl[アラビア]

1件 の用語解説(アルグールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アルグール【arghūl[アラビア]】

エジプトをはじめ北アフリカ西アジアそしてサルデーニャなど地中海地域で広く見られる民俗楽器の一つ。双管の葦笛でズンマーラ(アラビア語),チフテ(トルコ語),ドザッレ(ペルシア語),ミトバジュ(イラク),ラウネッダス(サルデーニャ)など地域によってさまざまな呼名がある。アルグールは語源的にはウルグンurghunの変形と考えられ,ウルグンとは中世においてオルガンを意味するアラビア語であった。アルグールのサイズは大小さまざまであるが,普通,直径10~15mm,長さ200~250mmの葦管を2本束ねて結わえ,より細い葦管を60mm位の長さに切り,これに凵形の切込みを入れて作ったシングルリードそれぞれに差し込む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アルグールの関連キーワードエジプト暦出エジプト記西アジアアジアアフリカ会議エジプト鼠エジプト綿ホワイトアフリカ古代エジプト語陸地綿エジプト風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone