コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルグール arghūl[アラビア]

世界大百科事典 第2版の解説

アルグール【arghūl[アラビア]】

エジプトをはじめ北アフリカ,西アジアそしてサルデーニャなど地中海地域で広く見られる民俗楽器の一つ。双管の葦笛でズンマーラ(アラビア語),チフテ(トルコ語),ドザッレ(ペルシア語),ミトバジュ(イラク),ラウネッダス(サルデーニャ)など地域によってさまざまな呼名がある。アルグールは語源的にはウルグンurghunの変形と考えられ,ウルグンとは中世においてオルガンを意味するアラビア語であった。アルグールのサイズは大小さまざまであるが,普通,直径10~15mm,長さ200~250mmの葦管を2本束ねて結わえ,より細い葦管を60mm位の長さに切り,これに凵形の切込みを入れて作ったシングル・リードをそれぞれに差し込む。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルグールの関連キーワードエジプト音楽ハリール

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android