コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルグール(英語表記)arghūl[アラビア]

世界大百科事典 第2版の解説

アルグール【arghūl[アラビア]】

エジプトをはじめ北アフリカ,西アジアそしてサルデーニャなど地中海地域で広く見られる民俗楽器の一つ。双管の葦笛でズンマーラ(アラビア語),チフテ(トルコ語),ドザッレ(ペルシア語),ミトバジュ(イラク),ラウネッダス(サルデーニャ)など地域によってさまざまな呼名がある。アルグールは語源的にはウルグンurghunの変形と考えられ,ウルグンとは中世においてオルガンを意味するアラビア語であった。アルグールのサイズは大小さまざまであるが,普通,直径10~15mm,長さ200~250mmの葦管を2本束ねて結わえ,より細い葦管を60mm位の長さに切り,これに凵形の切込みを入れて作ったシングル・リードをそれぞれに差し込む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android