アルティボニト川(読み)アルティボニトがわ(英語表記)Artibonite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルティボニト川
アルティボニトがわ
Artibonite

西インド諸島中部,ヒスパニオラ島西部を流れる川。同島最長の川で,全長約 220km。ドミニカ共和国西部,セントラル山脈南西斜面に源を発し,南西流してハイチに入り,肥沃な平野を北西流してゴナブ湾に注ぐ。河口から約 150km上流まで小舟で航行可能。アルティボニト河谷農業計画により流域の開発が進められ,1956年にはドミニカとの国境に近いハイチ領にペリグル・ダムが完成。 71年発電所も完成し,ハイチの電力需要の約半分をまかなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android