アルノ[川](読み)アルノ

  • Arno

百科事典マイペディアの解説

イタリア中部の川。アペニン山脈中に発し,フィレンツェを経てピサ付近でリグリア海に注ぐ。沿岸はブドウ,オリーブの栽培が盛んである。水路の覇権をめぐってフィレンツェとピサの間で争いがくりかえされた。全長245km。
→関連項目イタリアトスカナ[州]ポンテ・ベッキオ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イタリア中部,トスカナ州を流れる川。アペニノ山脈のファルテローナ山に源を発し,リグリア海に注ぐ。全長245km。フィレンツェと地中海を結ぶ水路として,古くから重視され,河口近くにあるピサとフィレンツェとの間で,水路の覇権をめぐる争いが繰り返された。ダンテやルネサンス期の画家たちが歌い,描いた川でもある。1966年には氾濫のため,フィレンツェ市の歴史的建築物や国立図書館の書物などが被害に遭った。【町田

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアルノ[川]の言及

【ピサ】より

…人口9万6763(1994)。ティレニア海に流れ込むアルノ川の河口から約10kmの両岸に発達し,中世からの伝統のある商業都市。現在はガラス,金属,機械製造も盛ん。…

※「アルノ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android