コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルベルト版画美術館 アルベルトはんがびじゅつかんGraphische Sammlung Albertina, Wien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベルト版画美術館
アルベルトはんがびじゅつかん
Graphische Sammlung Albertina, Wien

オーストリア,ウィーンのアルベルト宮内にある,世界最大のヨーロッパ素描版画コレクションを所蔵する美術館。女帝マリア・テレジアの娘婿ザクセン・テッシェン公アルベルトの収集 (版画 15万 7000点,素描1万 4000点) を根幹とする。 1918年に国家に移管され,20年,サボイア公オイゲンの収集に端をなす国立図書館版画素描部門を併合。現在,15世紀から 20世紀までのヨーロッパの版画 100万点余,素描および水彩画約5万点を所蔵する。ヨーロッパ全域を網羅するが,特にデューラーの素描,水彩,版画や,レンブラントの版画のコレクションなどが名高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アルベルト版画美術館の関連キーワードベランジュ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android