コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルマイト処理 アルマイトしょりanodizing on alminum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルマイト処理
アルマイトしょり
anodizing on alminum

アルミニウム上に酸化皮膜を形成させる方法の日本での商品名。一般的にはアルミニウムの陽極酸化という。 1923 年理化学研究所瀬藤象二,宮田聡が開発した方法で,アルミニウムまたはその合金を陽極にしてシュウ酸,硫酸,クロム酸などの水溶液中で電解を行い,陽極表面に酸化皮膜を形成させる。耐食性や着色性にすぐれ,サッシなどの建材を中心に,車両,電器,機械,家庭用品など広い分野で用いられている。機能膜への応用研究も盛んで,ハイブリッド IC基盤,感光性印画板,太陽熱捕集板,磁気ディスク基板,磁気記録媒体,高選択性分離膜,温度センサ,エレクトロルミネセンス (→電界発光 ) など多岐にわたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android