コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミニウム アルミニウムaluminium; aluminum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルミニウム
aluminium; aluminum

元素記号 Al,原子番号 13,原子量 26.981538。周期表 13族に属する。天然には安定同位体アルミニウム 27のみ存在する。地殻存在量 8.13%で,酸素,ケイ素に次いで多い。鉱石としてはボーキサイト,カオリンが主で,工業的にはボーキサイトと氷晶石溶融塩電解によって製する。単体は金属で展性,延性に富む。融点 660.2℃,沸点約 2477℃,比重 2.6989 (20℃) 。空気中では表面に酸化物の緻密な薄膜を生じ,内部は保護される。融点近く熱すると激しく燃焼し,高温を生じるので,冶金,溶接に利用される。酸ともアルカリとも反応し,水素を発生する。軽く,加工も容易なため,そのままあるいは合金として日用品,建築材料,運輸関係,送電線などに広く利用される。粉末は塗料,テルミットに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アルミニウム

元素記号はAl。原子番号13,原子量26.98154。比重2.70,融点660.37℃,沸点2520℃。軽金属の一つ。銀白色の柔らかい金属で,展性,延性に富む。
→関連項目ジュラルミンチタン合金非鉄金属

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

アルミニウム

 原子番号13,原子量26.981539,元素記号Al,13族(旧IIIa族)の元素.軽く,軟らかく,安定な金属で,箔として利用したり,金属として缶などにする.また合金としても広く用いられている.アルミナを材料に,溶融電解によって製造.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルミニウム【aluminium】

周期表元素記号=Al 原子番号=13原子量=26.98145地殻中の存在度=8.23%(3位)安定核種存在比 27Al=100%融点=660.4℃ 沸点=2467℃比重=2.70(20℃)電子配置=[Ne]3s23p1 おもな酸化数=III周期表第IIIB族に属する金属元素の一つ。その単離に努力したイギリスのH.デービーによって,ミョウバンKAl(SO4)2・12H2Oのラテン名alumenにちなんでaluminumと命名され,のちにaluminiumとなったが,現在でもアメリカではaluminumとつづる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アルミニウム【aluminium; aluminum】

ホウ素族元素の一。元素記号 Al  原子番号13。原子量26.98。比重2.70(摂氏20度)。銀白色の軟らかくて軽い固体金属。強く熱すると白光を放って燃える。加工しやすい上に、軽くて耐食性があり人体に無害なので、建築・化学・家庭用製品などに広く用いる。酸に弱い。軽銀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルミニウム
あるみにうむ
aluminium 英語 フランス語
aluminum米語

周期表第13族に属する金属元素。普通にみられる金属のうちでは、もっとも新しいものの一つ。[守永健一・中原勝儼]

歴史

その名称は、天然産のアルミニウムを含む硫酸塩(ミョウバン)を意味するラテン語alumenに由来する。ミョウバンはすでに5世紀ごろから収斂剤(しゅうれんざい)や媒染剤などに用いられていた。粘土からミョウバンをつくる方法が17世紀に記録されており、18世紀には粘土の中に石灰と異なる塩基が含まれていることが認められていた。しかし、1809年、水素気流中で融解アルミナAl2O3の電気分解によってアルミニウム‐鉄合金が得られること、この合金を溶かした溶液からアルミナが回収されることがイギリスのH・デービーによって明らかにされるまで、その存在を証明することはできなかった。この元素に対しデービーは前述のalumenにちなんでalumiumの元素名を提案したが、のちにaluminiumとなった。単体としてアルミニウムを得るのに初めて成功したのはドイツのF・ウェーラーで、1827年塩化アルミニウムをカリウムと反応させて得た。フランスのサント・クレール・ドビルH. Sainte-Claire Deville(1818―1881)は還元法とともに電解法をも開発し、粘土を原料として電解法でかなりの量の金属アルミニウムを得て、1855年のパリの万国博覧会に「粘土からの銀」として出品した。これをみたナポレオン3世が、フランス甲騎兵の装具をこの軽金属でつくろうとして、彼を援助したことは有名である。現在、大規模な製造に利用されているアルミナと氷晶石を用いる融解塩電解法は、1886年にフランスのP・L・T・エルーとアメリカのC・M・ホールがそれぞれ独立して発明した。[守永健一・中原勝儼]

存在

地殻中の存在度は酸素、ケイ素に次いで第3位、金属元素としては第1位で、多量に、また広く存在する。種々のアルミノケイ酸塩として、岩石、土壌の主要成分となっている。おもな鉱物には、長石、雲母(うんも)、氷晶石、ギブス石、ダイアスポア、ミョウバン石、カオリナイトなどがあり、それらが風化した粘土のほか、酸化物にはコランダム(サファイア、ルビー)など宝石として珍重されるものが多い。[守永健一・中原勝儼]

製法

ケイ素との分離がむずかしいので、アルミノケイ酸塩を原料とすることはできない。含水酸化アルミニウムAl2O3xH2Oの組成をもつボーキサイトが原料として用いられる。不純物として含まれる鉄とケイ素を除くため、ボーキサイトの精製が必要となる。原料を加圧下で濃い水酸化ナトリウムの熱溶液で処理すると、酸化アルミニウムはアルミン酸ナトリウムとなって溶ける。不溶性の水酸化鉄を濾別(ろべつ)した濾液に結晶性の水酸化アルミニウムを少量加えて、空気を通しながら攪拌(かくはん)を続けると、水酸化アルミニウムが濾過しやすい粒状となって沈殿する。このときケイ酸塩は溶液中に残る。生じた水酸化アルミニウムを高温で焼いて酸化物とする。次に氷晶石を溶融し、これに酸化アルミニウムを溶かし、約1000℃、5ボルトで黒鉛を電極として電解する。電極反応は複雑であるが、見かけ上は、氷晶石に溶けた酸化物が電解されてアルミニウムと酸素になり、酸素がさらに陽極の炭素と反応して二酸化炭素または一酸化炭素を生じたことになる。普通の電解法でつくられるアルミニウムの純度は99.8%であるが、電解精製により99.99%以上の高純度のものが得られる。[守永健一・中原勝儼]

性質

銀白色の軟らかい軽金属で、展性、延性に富み、薄い箔(はく)とすることができる。空気中に放置すると、酸化物の被膜を生じて光沢を失うが、内部まで冒されることはない。空気中で融点近くに熱すると、白光を放って燃えて酸化アルミニウムとなる。その際、多量の熱を発生する。
  4Al+3O2―→2Al2O3+3338.832KJ
 このようにアルミニウムと酸素とは非常に化合しやすく高温が得られるので、金属の冶金(やきん)や溶接に利用される。たとえば、酸化鉄とアルミニウムの粉末をるつぼに入れ、マグネシウムリボンで点火すると、次の反応によって生じた鉄は酸化アルミニウムに覆われて融解状態となるほどである(テルミット法)。
  2Al+Fe2O3→2Fe+Al2O3+845.168KJ
 この方法はクロム、マンガンなどの酸化物から金属を製造するのにも使われ、ゴルトシュミット法と総称されている。熱すると窒素、硫黄(いおう)、炭素などと直接結合して、窒化物、硫化物、炭化物などとなる。ハロゲンとも反応しやすく、塩素、臭素中では激しく燃えて塩化アルミニウム、臭化アルミニウムとなる。塩酸、硫酸に溶けてそれぞれ塩化物、硫酸塩をつくるが、濃硝酸には酸化物の被膜を生じ、かえって冒されにくくなる。これを不動態とよんでいる。電気的にアルミニウムの表面に酸化物をつくり、耐銹(たいしゅう)性にしたものがアルマイトである。アルミニウムは水酸化アルカリ溶液に水素を放って溶けてアルミン酸塩となる。[守永健一・中原勝儼]

用途

金属は展延性に富み、比重が小さく、熱、電気の良導体で、大気中での耐食性が優れているため、板、箔、棒、線、管、型材などあらゆる形に加工されて利用されている。高反射率をもつため高純度アルミニウムは光学機器などの反射鏡に用いられる。また電解コンデンサー箔、磁気ディスク、レーザー用反射鏡、集積回路用蒸着材などに用いられる。その軽さを利用して航空機、自動車、船舶、鉄道に、電気の良導体であることを利用して送電線などに使われている。Al-Cu系合金はジュラルミンとよばれる。また、食品工業、食器類などでのアルミニウムの利用は、耐食性と人体に害のないことによる。そのほか、ペイント、アルミニウム箔による包装、建築材料や原子炉材など、きわめて広範囲の用途が知られている。このような金属または合金としての用途のほかに、多くの化合物が利用される。化合物は、イオン結合性と共有結合性の境界付近にあるようにふるまう。ミョウバンなど硫酸塩、塩化アルミニウム、アルミナ、水素化物とヒドリド化合物および有機アルミニウム化合物などが、それぞれ各種の目的に利用されている。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアルミニウムの言及

【アルミニウム合金】より

…アルミニウムを主体金属とする合金の総称。アルミニウムAlに強度を高めるなどの目的で,銅Cu,マグネシウムMg,ケイ素Si,亜鉛Zn,マンガンMn,ニッケルNiなどを加えた多数の合金がある。…

【軽金属工業】より

…金属工業のうち,比重の比較的小さい金属,すなわち軽金属を扱う工業。軽金属には,アルミニウム,マグネシウム,チタン,ベリリウム,リチウムなどがあるが,とくにアルミニウムは鉄に次いで生産量が多く,軽金属の代表であるので,ここではアルミニウム工業を中心に述べる。
[アルミニウム]
 原鉱石(ボーキサイトなど)からアルミナAl2O3を製造する化学的工程と,その電解工程(アルミ1t当り約1万5000kWhを要する)の2過程を要する高度な電気化学工業で,その発達には苛性ソーダ,フッ化物,電力など関連工業の発達,高品位の原鉱石ボーキサイト(Al2O350%以上含有)と,豊富で安価な発電地帯を有することが条件となる。…

※「アルミニウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルミニウムの関連キーワードデザインコレクション オブジェクトアルミニウム軽合金メタリックペイントアルミメッキ鋼板カロライジング住友軽金属工業セラミック工具ヒドロナリウム土類金属元素アイオライトアルコア記号立花金属工業アルミナ石鹸両性水酸化物アルミナ被膜ホウ素族元素金属バットバイヤー法両性酸化物ニューム

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルミニウムの関連情報