コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウ酸 シュウさん oxalic acid

3件 の用語解説(シュウ酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュウ酸
シュウさん
oxalic acid

最も簡単なジカルボン酸。次の構造をもつ。 物質交代の終産物として植物に広く存在する。分析標準液の標準物質に使われる。三角錐状晶。結晶水をもたないものは融点 189.5℃,もつものは 101℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

シュウ酸

 C2H2O4(mw90.04).(COOH)2.天然には植物にカルシウム塩やカリウム塩の形で見いだされる.カルシウムの利用効率を低下させるとされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュウ酸
しゅうさん
oxalic acid

二つのカルボキシ基カルボキシル基)-COOHが炭素原子どうし直接結合した構造をもつジカルボン酸で、ジカルボン酸としてはもっとも簡単な化合物。カタバミスイバをはじめ、広く植物界にカリウム塩またはカルシウム塩の形で分布している。英語名はカタバミの学名Oxalisが語源である。日本語名のシュウ(蓚)酸はスイバの漢名による。
 木片をアルカリで処理後、抽出して得ることができる。また、水酸化ナトリウムと一酸化炭素を反応させるとギ酸ナトリウムが得られるので、この化合物を熱してシュウ酸ナトリウムに変換し、さらにカルシウム塩に変えてから、硫酸を反応させると得られる。カルボン酸としては非常に酸性が強く、第一のカルボキシ基の解離は、酢酸に比べて3000倍もおこりやすい。
 結晶水をもたない無水のシュウ酸の結晶は吸湿性で、放置すると二水和物になる。二水和物は101.5℃で融解するが、融点付近の温度で結晶水を失って、無水のシュウ酸の結晶となる。冷水やエタノール(エチルアルコール)にかなり溶解し、熱水には非常によく溶けるが、エーテルなどの有機溶媒には比較的溶けにくい。180~190℃に加熱すると分解して一酸化炭素、二酸化炭素、ギ酸を生ずる。染料の原料、麦藁(むぎわら)、木綿などの漂白剤として用いられるほか、二水和物の結晶が純粋に得られることを利用し、酸アルカリ滴定および酸化還元滴定の標準物質に使われる。有毒なので、取扱いには注意を要する。[廣田 穰・末沢裕子]

食品

シュウ酸は塩類の形で非常に広く植物類の中に含まれている。植物によりシュウ酸の含量の多少があり、とくに多いものとしては、野菜のなかではタケノコ、ホウレンソウ、ルバーブなどがあげられる。これらは多いときには約1%程度の含量となることもある。野菜中に含まれているシュウ酸は、あくの成分として食味にマイナスの味を与えることもあるが、トマトなどのように酸味の一つとして味の成分にプラスになるものもある。シュウ酸は水に溶けやすいので、ゆでるなどの操作で半分くらいのシュウ酸はゆで汁に溶け出る。
 栄養的には、シュウ酸はカルシウムや鉄と結合し、カルシウムや鉄の吸収に対し阻害的に働くともみられるが、通常は、それほど吸収を妨害しない。多量のシュウ酸は結石(腎臓(じんぞう))などの原因となるが、普通食べられる量ではまったく影響のないことがわかっている。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュウ酸の関連キーワードカルボキシル基カルボニル基カルボン酸ジカルボン酸オキシカルボン酸蓚酸カルボン酸エステラーゼジカルボン酸尿ジカルボン酸尿症キレート試薬

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュウ酸の関連情報