コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電界発光 でんかいはっこうelectroluminescence

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電界発光
でんかいはっこう
electroluminescence

エレクトロルミネセンス EL。ルミネセンスの一種で,物質に強い電界を加えることによって生じる発光。真性エレクトロルミネセンス (真性 EL) と注入型エレクトロルミネセンス (注入型 EL) に分けられる。現在では,電界発光あるいは ELといえば通常真性 ELをさす場合が多い。真性 ELは,ケイ光体の蒸着膜や,ケイ光体粉末をある種の透明樹脂とともに固形化したものを2枚の電極ではさみ込んだものに,直流あるいは数 kHzから数十 kHz程度の交流電圧を加えて発光させる。ケイ光体としては発光中心としてマンガンを添加した硫化亜鉛が代表的であり,局所的な高電界で加速された電子が発光中心を励起して発光する。これを利用した発光素子は EL素子,ELパネルと呼ばれ,画像表示用のパネル素子として実用化研究が進められている。注入型 ELは,半導体中の多数キャリアが,他の部分から注入されてきた少数キャリアと再結合して発光するもので,p-n接合に順方向電流を流した場合などに生じる。シリコン,ゲルマニウム,ヒ化ガリウムなどの多くの半導体で観測され,これを利用した発光素子は発光ダイオードとしてパイロットランプ,表示装置に実用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

電界発光の関連キーワード有機エレクトロルミネセンス用色素エレクトロルミネセンス注入型レーザーアルマイト処理光源

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android