クロム酸(読み)クロムさん(英語表記)chromic acid

  • クロム酸 chromic acid

世界大百科事典 第2版の解説

クロム酸塩MI2CrO4を生成する酸H2CrO4の名称。遊離状態ではとり出されていないが,酸化クロム(VI)CrO3の水溶液をこのように呼ぶことが多い。転じてCrO3そのものをクロム酸ということもあるが,誤称である。酸化クロム(VI)水溶液がきわめて濃度の低いときは,クロム酸塩水溶液に似た黄赤色で, CrO3+H2O⇄2H+CrO42-に近い状態であると考えられるが,濃度が高くなるにつれて赤色となり,HCrO4,二クロム酸イオンCr2O72-などが含まれてくるようになり,さらに高濃度になって赤黒色となると,三クロム酸イオン[Cr3O10]2-,四クロム酸イオン[Cr4O13]2-などのポリクロム酸イオンが含まれてくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

酸化クロム(Ⅵ)が水に溶けてできる酸。水溶液中でのみ存在する。化学式 H2CrO4 低濃度で黄赤色、濃度が高くなると赤から暗赤色になる。塩基で中和すればクロム酸塩を生じる。俗に酸化クロム(Ⅵ) CrO3 をクロム酸と称することがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロム()のオキソ酸H2CrO4であるが、この酸自体は単離されていない。酸化クロム()CrO3の水溶液がクロム酸溶液であるため、酸化クロム()がクロム酸といわれたこともあった。
  CrO3+H2O→H2CrO4
 低濃度のクロム酸溶液は黄赤色であるが、濃度が高くなるにしたがって赤色ないし濃赤色を呈し、黒ずんだ色となる。溶液中にはCrO42-、HCrO4-、Cr2O72-などのイオンが存在し、高濃度になるとポリ酸イオンCr3O102-、Cr4O132-を生ずる。クロム酸イオンは塩基性では安定であるが、酸性になると可逆的に二クロム酸イオンCr2O72-に変化する。
  2CrO42-+2H+Cr2O72-+H2O[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 酸化クロム(VI)の水溶液。化学式 H2CrO4 濃度が増すに従って、黄赤色、赤色、赤黒色となる。クロム酸塩を生成する酸。
② 酸化クロム(VI) CrO3 の俗称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のクロム酸の言及

【酸化クロム】より


[酸化クロム(III)]
 化学式Cr2O3。二クロム酸アンモニウム(NH4)2Cr2O7を熱分解させるか,二クロム酸塩を硫黄などと熱して還元してつくられる。 (NH4)2Cr2O7―→Cr2O3+N2+4H2Oまた水酸化クロム(III)を熱しても得られる。…

【二クロム酸】より

…化学式H2Cr2O7。重クロム酸bichromic acidともいうが,これは誤称である。遊離の状態では得られず,酸化クロム(VI) CrO3の水溶液中でクロム酸H2CrO4と平衡を保っていることが知られている。…

※「クロム酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報