コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルム alm

翻訳|alm

岩石学辞典の解説

アルム

有機物質に富むマール(marl)[Rosenbusch & Osann : 1923].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルム【dragon arum】

地下に塊茎を有するサトイモ科の属名(イラスト)。多年草で,ヨーロッパから地中海沿岸,インドにかけて10種あまりが分布する。19世紀中ごろまではサトイモ,クワズイモ(アロカシア),テンナンショウリュウキュウハンゲなどのサトイモ科の塊茎や多肉質の茎を有する多くの植物がアルム属に所属させられていたが,研究が進むとともにそれぞれ属として独立させられた。葉は通常,単葉でほこ形,早春に展開し,地下の塊茎から群がり生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアルムの言及

【テンナンショウ】より

…便所のうじ殺しや漢方の天南星(てんなんしよう)として薬用とされる。 テンナンショウ属Arisaema(英名Indian turnip)は日本で30種以上が分化している大きな属で,西南日本に多い。テンナンショウに似たヒガンマムシグサA.aequinoctiale Nakai et F.Maek.は房総半島から知られ,名まえのように3月に開花を始める早咲きで,やや小型である。…

※「アルム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルムの関連キーワードウマル(‘Umar b. alハワード(Robert E. Howard)アブドゥル・ラフマーン3世アミール・アルムーミニーン少女サムセン~漢方医の夢~シュルツェ=ナウムブルクイマーム・アルハラマインシャリーフ・アッラジーエッツタール・アルプスアブド・アルカーディルアルプ・アルスラーンカージャール朝美術シュトゥバイタールラアルムダイナ宮殿クラチコフスキーアルムクヴィストアルムダイナ宮殿ニザーミーヤ学院マリク・シャーマリク・シャー

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルムの関連情報