アルン寺院(読み)あるんじいん(英語表記)Wat Arun

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルン寺院
あるんじいん
Wat Arun

タイの首都バンコクの、チャオプラヤー川(通称メナム川)西岸トンブリーにある仏教寺院。高さ74メートルの大塔とそれを囲む四つの小塔には、中国から取り寄せた多彩な陶片とガラス片がびっしりはめ込まれている。朝日がさし始めるころ、川のほうから眺めると、陶片やガラス片が光に映えて華麗に輝くので、「暁の寺」という別名で名高い。三島由紀夫が『豊饒(ほうじょう)の海』第3部でその情景を描いている。寺院の起源は18世紀末にまでさかのぼるが、現在のような姿になったのは19世紀中ごろである。[紅山雪夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android