アレクサンダー・マイケル ケラス(英語表記)Alexander Michell Kellas

20世紀西洋人名事典の解説

アレクサンダー・マイケル ケラス
Alexander Michell Kellas


1868 - 1921
英国の生理学者,登山家。
T.ロングスタッフと並ぶ、シッキム・ヒマラヤを中心とするヒマラヤ登山のパイオニアの一人。またヒマラヤの高所順応の研究をする。1911年第三回シッキム行でパウフンリ初登頂、その折、赤白血球の調査を行う。同年チョミオモに初登頂。’12年カンチェンジャウ初登頂。エベレスト北方のケラス・ロック・ビークはケラスを記念して命名された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android