コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレムダル・ムスタファ・パシャ Alemdar Mustafa Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

アレムダル・ムスタファ・パシャ【Alemdar Mustafa Paşa】

1750?‐1808
オスマン帝国の軍人,政治家。イエニチェリ軍団で活躍して認められ,のちルスチュク(現,ブルガリア領ルセ)のアーヤーン職に任じられた。1807年,セリム3世(在位1789‐1807)の〈新体制〉に反対してイエニチェリがイスタンブールで反乱を起こし,セリム3世が廃位されると,兵を率いて首都へ急行してイエニチェリを抑え,マフムト2世を即位させて自ら大宰相となった(1808)。その後,セリム3世の遺志に沿って改革を進めようとしたが,イエニチェリの反感を買い,彼らに襲われて自殺した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アレムダル・ムスタファ・パシャの関連キーワード同盟の誓約

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android