アレムダル・ムスタファ・パシャ(英語表記)Alemdar Mustafa Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

アレムダル・ムスタファ・パシャ【Alemdar Mustafa Paşa】

1750?‐1808
オスマン帝国軍人,政治家。イエニチェリ軍団で活躍して認められ,のちルスチュク(現,ブルガリア領ルセ)のアーヤーン職に任じられた。1807年,セリム3世(在位1789‐1807)の〈新体制〉に反対してイエニチェリがイスタンブール反乱を起こし,セリム3世が廃位されると,を率いて首都へ急行してイエニチェリを抑え,マフムト2世を即位させて自ら大宰相となった(1808)。その後,セリム3世の遺志に沿って改革を進めようとしたが,イエニチェリの反感を買い,彼らに襲われて自殺した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android