アレムダル・ムスタファ・パシャ(英語表記)Alemdar Mustafa Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

アレムダル・ムスタファ・パシャ【Alemdar Mustafa Paşa】

1750?‐1808
オスマン帝国の軍人,政治家。イエニチェリ軍団で活躍して認められ,のちルスチュク(現,ブルガリア領ルセ)のアーヤーン職に任じられた。1807年,セリム3世(在位1789‐1807)の〈新体制〉に反対してイエニチェリがイスタンブールで反乱を起こし,セリム3世が廃位されると,兵を率いて首都へ急行してイエニチェリを抑え,マフムト2世を即位させて自ら大宰相となった(1808)。その後,セリム3世の遺志に沿って改革を進めようとしたが,イエニチェリの反感を買い,彼らに襲われて自殺した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android