コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アワッシュ川下流域 アワッシュガワカリュウイキ

デジタル大辞泉の解説

アワッシュがわ‐かりゅういき〔‐がはカリウヰキ〕【アワッシュ川下流域】

Lower Valley of the Awash》⇒アファール低地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界遺産詳解の解説

アワッシュがわかりゅういき【アワッシュ川下流域】

1980年に登録された世界遺産(文化遺産)で、エチオピアの北東部を流れるアワッシュ川の下流に位置する。1974年、フランスとアメリカの合同調査隊によって、最古の人類とされる約300万年以上前の猿人アウストラロピテクス・アファレンシスの骨が発掘された。このような発見により、人類の起源を研究するうえで重要な地域であることが評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はLower Valley of the Awash

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

アワッシュ川下流域の関連キーワードハダール遺跡

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android