アワド王国(読み)アワドおうこく(英語表記)Oudh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アワド王国
アワドおうこく
Oudh

北インド,ガンジス川中流域の藩王国 (1724~1856) 。ムガル帝国の衰退に乗じ,アワドの長官サアーダト・ハーンが 1724年に独立して王国を樹立した。プラッシーの戦いののちイギリス勢力が浸透し,73年のワーラーナシ条約でイギリス軍の駐留と巨額の駐留費の支払いを承認させられ,保護国化した。 1801年駐留費の滞納を理由に国土の約半分を没収されたが,その後莫大な駐留費の支払いから財政窮乏を招き,イギリスの内政干渉やタールクダールの武装割拠などで王権は衰退した。 56年イギリス総督ダルフージー (伯) は内政紊乱,統治能力なしとしてこの国を併合したが,そのため翌 57年からのインド大反乱では最大の激戦地となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android