コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンガレイア Angarēia; Angaria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンガレイア
Angarēia; Angaria

アケメネス朝ペルシアの駅逓制度。前6世紀のキュロス2世の時代に確立した。アンガレイアとはバビロニア語で「馬に乗った使者たち」を意味する言葉のギリシア語で,天候のいかんを問わず,昼夜兼行で駆ける王の急使を意味した。のちローマ帝国がこの制度を採用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンガレイアの関連キーワードアケメネス朝ペルシア

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android