コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バビロニア語 バビロニアごBabylonian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビロニア語
バビロニアご
Babylonian language

古代メソポタミア南部のバビロニアの言語。セム語族に属し,アッシリア語と並ぶ,アッカド語の二大方言の一つ。前 2000年頃から行われ,前9世紀頃には近東共通語として用いられたが,前7~6世紀になると次第にアラム語に取って代られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

バビロニア語【バビロニアご】

アッカド語の南方方言で死語。南メソポタミアに前20世紀から前1世紀の間の楔形(くさびがた)文字による記録があるが,前6世紀以後は次第にアラム語に代わられた。資料の内容はアッシリア語より文化的なものが多く,ハンムラピ法典の言語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バビロニアご【バビロニア語 Babylonian】

アッカド語の一方言で,南メソポタミアを中心に用いられた。アッカド語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のバビロニア語の言及

【アッカド語】より

…最古のアッカド語は古アッカド語と呼ばれ,先サルゴン期からサルゴン期を経てウル第3王朝時代末ころ(前2500‐前2000ころ)までの王碑文,経済文書,若干の書簡などから知られる。その後アッカド語は,南のバビロニア語(正確には方言)と北のアッシリア語(正確には方言)に分かれる。古アッカド語とバビロニア語およびアッシリア語との系譜関係は必ずしも明らかでない。…

※「バビロニア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バビロニア語の関連キーワード楔形文字(くさびがたもじ)ギルガメシュ叙事詩古代オリエント文明ギルガメシュ物語ビーシトゥーンハム・セム語族アマルナ文書ローリンソンアンガレイアベヒスタンビストゥンバビロン楔形文字エラムスーサ金石文楔形ベル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android