バビロニア語(読み)バビロニアご(英語表記)Babylonian language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バビロニア語
バビロニアご
Babylonian language

古代メソポタミア南部のバビロニアの言語。セム語族に属し,アッシリア語と並ぶ,アッカド語の二大方言の一つ。前 2000年頃から行われ,前9世紀頃には近東共通語として用いられたが,前7~6世紀になると次第にアラム語に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バビロニアご【バビロニア語 Babylonian】

アッカド語の一方言で,南メソポタミアを中心に用いられた。アッカド語

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

バビロニア‐ご【バビロニア語】

〘名〙 セム語族に属する言語。古代のメソポタミア南部で話され、アッシリア語とともにアッカド語を構成する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のバビロニア語の言及

【アッカド語】より

…最古のアッカド語は古アッカド語と呼ばれ,先サルゴン期からサルゴン期を経てウル第3王朝時代末ころ(前2500‐前2000ころ)までの王碑文,経済文書,若干の書簡などから知られる。その後アッカド語は,南のバビロニア語(正確には方言)と北のアッシリア語(正確には方言)に分かれる。古アッカド語とバビロニア語およびアッシリア語との系譜関係は必ずしも明らかでない。…

※「バビロニア語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android