コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンガ aṇga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンガ
aṇga

部分,肢分を意味するサンスクリット語。祭事学,音韻学韻律学天文学語源学文法学ベーダの6補助学 aṇgaと称する。また,ジャイナ教の白衣派の経典をアンガという。 12種あったが,第 12のものはいまに伝わらない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンガの関連キーワードバリ州の文化的景観:トリブルボンのルイ2世 コンデ(親王)アフマド・ナディーム カースミーハル・オスカー アンガーアンガーマネジメントアレクサンドラ王女サンボアンガ半島ベネチアングラスウスチイリムスクパソナンカ公園カラミアン諸島アンガラ楯状地アンガラ植物群デガージュマンコロンタウンシベリア大陸シビエラ文化アンガラA5文学とは何かイルクーツク

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンガの関連情報