語源学(読み)ごげんがく(英語表記)etymology

翻訳|etymology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「語源学」の解説

語源学
ごげんがく
etymology

個々の単語起源由来を研究する言語学の一部門。このような研究で明らかになった各単語の歴史を語史 (語誌) という。単語の形と意味との間に必然的な結びつきを見出そうとする傾向古代からみられたが,通俗語源説はその素朴な現れである。科学的な語源研究が生れたのは,比較言語学が確立した 19世紀後半になってからのことで,以後,古い形を定めるためには音韻法則考慮にいれ,例外はその理由を説明することが要求されるようになった。現在では,言語地理学を援用して方言同士の影響を調べたり,歴史学の成果を利用して文化的,社会的背景を考慮にいれたりすることが行われる。また,単語を個別に調べるだけでなく,他の関連語との関係から意味の推移を研究することも行われつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「語源学」の解説

ごげん‐がく【語源学】

言語学の一部門。語源を史的言語学や比較言語学の方法により追究する学問

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の語源学の言及

【言語学】より

…なお,通時言語学の主要な関心は,これこれの変化が起こったという事実の確認だけではなく,言語がどのように変化してゆくものかという一般的法則・傾向の追求にも向けられている。通時言語学の一つの分野で,個々の単語などの語源を追及する分野を〈語源学〉(〈語源〉の項を参照)と呼ぶ。 同一の言語から分岐して成立した複数の言語(方言)の比較によって,もとの言語(〈祖語〉)の姿を推定(〈再建〉)したり,分岐の過程を推定したり,あるいは,同一の言語から分岐した可能性のある複数の言語を比較して,それらが同一の言語から生じたこと(系統的親近関係の存在)を証明しようとする分野を〈比較言語学〉と呼び,そこで用いられる方法を〈比較方法〉と呼ぶ。…

※「語源学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android