アングマグサリク(英語表記)Angmagssalik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングマグサリク
Angmagssalik

グリーンランド南東岸にある同名の島の集落。ヨーロッパ人の到来は,1472年と早かったが,開発はデンマーク人グスタフ・ホルムが海岸線の調査をした 1884年以降になり,95年にエスキモー相手の交易所と伝道所ができた。漁業狩猟の根拠地。測候所ならびに無線局がおかれている。人口 2610 (1979) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android