コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングマグサリク アングマグサリクAngmagssalik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アングマグサリク
Angmagssalik

グリーンランド南東岸にある同名の島の集落。ヨーロッパ人の到来は,1472年と早かったが,開発はデンマーク人グスタフ・ホルムが海岸線の調査をした 1884年以降になり,95年にエスキモー相手の交易所と伝道所ができた。漁業狩猟の根拠地。測候所ならびに無線局がおかれている。人口 2610 (1979) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android