アングル人(読み)アングルじん(英語表記)Angles; Angli

旺文社世界史事典 三訂版の解説

イギリス人の根幹をなすアングロ−サクソン族の一派
民族的にはゲルマン人に属する。ユトランド半島の南部に居住していたが,ジュート人・サクソン人につづいて,5世紀中ごろブリタニアに渡来し,9世紀初めまでに七王国を形成した。イングランドというのは,「アングル人の国」の

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のアングル人の言及

【アングロ・サクソン人】より

…言語学的にはインド・ヨーロッパ語族の西方系の一派のチュートン語族(ゲルマン民族)に属し,低地ドイツ語からでた英語を語る。北西ドイツを原住地としたサクソン人,ユトランド半島基部に住んだアングル人,同半島に居住したジュート人などいくつかの部族の混成体。ゲルマン民族大移動の一環として,5~6世紀に原住地からブリタニアの島に移動し,先住民族ブリトン人を駆逐または支配して現在のイングランド(〈アングル人の地〉の意味)の地を占拠した。…

※「アングル人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android