アングロサクソン型資本主義(読み)アングロサクソンガタシホンシュギ

デジタル大辞泉の解説

アングロサクソンがた‐しほんしゅぎ【アングロサクソン型資本主義】

米国・英国で典型的にみられる資本主義の形態。企業は金融市場から直接資金を調達し、株主利益の最大化を優先する。業績が悪化した場合は、株主価値を維持するために積極的に人員を削減するため、雇用は不安定になる。賃金制度では成果主義をとり、自己責任を重視。政治的には小さな政府を志向する。フランスの経済学者ミシェル=アルベールが著書「資本主義対資本主義」(1992年刊)で提示した概念。→ライン型資本主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android