コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成果主義 せいかしゅぎ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

成果主義

仕事の成果に応じて給与昇格を決定する人事方針のこと。仕事で成果をあげれば給与アップや昇格が約束される。逆に、成果をあげられなかったものは、給与の現状維持もしくは給与ダウンとなる。従来年功序列主義に代わる成果主義の導入は、企業のリストラに並行して1990年代に全国で行われた。現在では成果主義を導入している企業は80%を超えている。しかし、日本の成果主義に対する国内外の評価は高くない。その理由に、使用者側の「成果」の決め方が労働者の認識と食い違っていること、従来の「安心感」が失われてしまったこと、などが挙げられている。年功序列と成果主義の2本立ての給与体系を構築するなど、多くの企業でいまだ人事システムの模索が続いている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいか‐しゅぎ〔セイクワ‐〕【成果主義】

企業において、勤続年数ではなく、業務の成果によって報酬や人事を決める考え方

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ビジネス用語集の解説

成果主義

成果主義とは、年齢や就業年数で評価せず、個人の業績昇給や、
昇進の判断基準にする人事制度のことをいいます。

かつては、年功序列で昇給や昇進評価の対象となっていましたが、近年では、
年功よりも、実際の業績結果を判断基準として、各企業ごとに、
結果に対し歩合制を設定するなど、成果主義を基準とする事業団体も増えています。

成果主義にはメリット・デメリットの両面が存在しますが、
いずれにしても、これから増加傾向にある制度といえるでしょう。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

成果主義

成果主義とは賃金制度に関する考え方で、仕事の成果を反映して賃金を決定しようとするものをいう。バブル崩壊後の1990年代前半以降、日本企業の多くでその考え方が取り入れられた。 成果主義の人事制度は、時間で拘束しない裁量労働制、目標管理を用いた評価制度、そして業績連動型賞与年俸制の3点セットを備えた制度といわれる。しかし、各企業が実際に導入している成果主義の制度は必ずしもこの3点セットを備えているわけではない。また、賃金のなかで成果を反映する割合も企業によってまちまちで、中には年齢給を残した制度さえある。 成果主義に対してはその弊害が指摘されることが多いが、十分な検討や説明を行いながら丁寧に導入した企業では、賃金に対する透明性や公正さが増し、企業も総額人件費の管理がしやすくなり、社員の意欲の向上や健全な経営に結びついている。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

せいかしゅぎ【成果主義】

企業の人事管理において、一定期間内の目標達成度で成果を評価し、賃金・昇進などに反映させようとする考え方。 → 能力主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成果主義
せいかしゅぎ

業績や成果に基づいて給与や昇進などを決める仕組み。勤続年数や年齢を基準とする年功主義と対比される考え方。目標達成度などを賞与に反映させるのが一般的だが、基本給に取り入れる動きも広がっている。働き手のやる気を引き出す効果があるとされる半面、評価の公平さ、成果が出るまでの過程についての判断、中長期的な人材育成などの面ではさまざまな問題があると指摘されている。
 欧米の企業で早くから採用されていたが、日本ではバブル経済が崩壊した1990年代なかばから採用する企業が増えた。それまで日本企業の競争力を支えた年功主義、終身雇用などの日本的雇用慣行が通用しにくくなり、競争力向上や人件費抑制の一環として普及した。業績連動報酬や、1年間の給与・賞与額を成果で決める年俸制が典型。労働時間にかかわらず成果や実績で評価を決める裁量労働制を導入する企業も目だつ。上場企業の間では、業績に応じて配当を変動させる成果主義を取り入れる企業も増えた。
 一方、目先の業績だけを追求し人材育成が軽視される、評価に対する不満や不公平感が広がり組織の連帯感やモチベーションが失われる、企業が人件費抑制の目的のために乱用するといった弊害も目だち始めた。公務員についても、2000年(平成12)の行政改革大綱で、成果主義や能力主義に基づく人事制度の導入の方向を打ち出したが、労働組合などの反発にあい難航している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

成果主義の関連キーワードアングロサクソン型資本主義議員報酬をめぐる全国の動きアンドレ ビラス・ボアス目標管理制度 / MBO世界トップレベル研究拠点特定国立研究開発法人パワー・ハラスメントラウル・カストロ政権職員基本条例(案)成果主義/能力主義パワーハラスメントSTAP細胞問題ホルムストロームバンド型賃金制度ベース・アップメンタルヘルス職務給・役割給成果主義賃金スカイマーク社内FA制度

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成果主義の関連情報