コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アングロ・アメリカン・オブ・サウス・アフリカ[会社] Anglo American Corp.of South Africa,Ltd.

1件 の用語解説(アングロ・アメリカン・オブ・サウス・アフリカ[会社]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アングロ・アメリカン・オブ・サウス・アフリカ[会社]【Anglo American Corp.of South Africa,Ltd.】

南アフリカを地盤とする世界最大の鉱業資本の一つ。本社ヨハネスバーグ1917年モルガン財閥の支援を得てオッペンハイマーErnest Oppenheimer(1880‐1957)により設立された。当初二つの金鉱所有から出発し,20年にはダイヤモンド部門に進出。その後,持株会社として,ウラニウム,石炭,工業,商業部門等にも進出した。傘下には,Anamint(投資),Amgold(金),Amcoal(石炭),Amic(工業)など多くの事業会社がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone