アンゴラ全面独立民族同盟(読み)アンゴラぜんめんどくりつみんぞくどうめい(英語表記)União Nacional para a Independência Total de Angola; UNITA

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンゴラ全面独立民族同盟
アンゴラぜんめんどくりつみんぞくどうめい
União Nacional para a Independência Total de Angola; UNITA

アンゴラ民族解放戦線 FNLAの有力な指導者であった J.サビンビが,1966年3月に創設したアンゴラの解放組織。のち政党。イデオロギー的には西側寄りといわれる。アンゴラ内部に根拠地を置いて,ザンビア国境付近,中部,南部で対ポルトガル武装解放闘争を展開し,FNLAとアンゴラ解放人民運動 MPLAに対抗。 1975年1月 FNLA,MPLAと統一暫定政府を樹立することに合意したが,同 1975年中頃からの内戦期には,FNLAと連合して MPLAと戦闘を交えた。しかし途中でアメリカ,中国の支援が打ち切られ MPLA軍に敗れた。 1976年2月に MPLAのアンゴラ人民共和国政府の正統性が確立されたのちも,南アフリカ共和国,アメリカなどの支援を得て東部,南部,中部で反政府ゲリラ戦を続けた。冷戦終結後の 1991年5月,政府と和平協定に調印し (→アンゴラ包括和平協定 ) ,1992年9月の選挙に臨んだが,大統領選挙,議会選挙とも MPLAに敗れ,第2党にとどまった。この結果を不満として戦闘を再開,1994年 11月和平合意,1997年4月 MPLAとの連立による国民統一政府を発足させた。しかし 1998年3月には再び MPLAとの対立が深まり,内戦に突入,2002年2月サビンビ議長が死亡し,MPLAとの停戦に合意した。 (→アンゴラ内戦 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android