アンタルキダスの条約(読み)あんたるきだすのじょうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンタルキダスの条約
あんたるきだすのじょうやく

紀元前386年にペルシアとスパルタとの間で結ばれた条約。条約締結の使者アンタルキダスAntalkidasの名をとってこうよばれるが、またペルシア大王の主導のもとに結ばれた条約という意味で「大王の和約」ともいう。ペロポネソス戦争後ギリシアの覇権を握ったスパルタは、前4世紀の初頭、小アジア進出をめぐってペルシアと戦うに至った。この機にペルシアの軍資金を得たテーベがスパルタに反抗し、アテネ、コリントもこれに続いた(コリント戦争)。覇権維持に困難を感じたスパルタは、外交家アンタルキダスをペルシアに派遣し、ふたたびアテネの動きを警戒し始めていたアルタクセルクセス2世を説いて、講和し、同盟を結んだ。この条約は、小アジアのギリシア都市およびキプロスはペルシア王に属し、他のギリシア都市はすべて自治独立であることを規定した。スパルタはこの条約を全ギリシアに強制して、各国の自治独立を口実に他国間の同盟結成を防止し、前371年テーベに敗れるまで、ギリシアにおけるその覇権を維持した。

[篠崎三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android