アンチゴケ(読み)あんちごけ

  • Anzia opuntiella Müll. Arg.

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地衣類アンチゴケ科の代表的な1種。ブナなどの広葉樹の幹上に群生する葉状地衣。地衣体は細い裂片に分かれ、各裂片がほぼ放射状に広がって伸びるので、全体としては円形に近くなる。裂片は二又(ふたまた)状に分かれ、不規則にくびれたり、数珠(じゅず)状につながったりする。表面は滑らかで灰白色、裏側は黒褐色の袋状に膨らんでいる。子器は円盤状で、中は黒褐色をしている。分布は、日本では北海道から九州にかけ、台湾、中国東北部などにも産する。

[佐藤正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android