コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンチ・ダンピング協定 アンチ・ダンピングきょうていcode on anti-dumping practices

1件 の用語解説(アンチ・ダンピング協定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチ・ダンピング協定
アンチ・ダンピングきょうてい
code on anti-dumping practices

ダンピング防止措置に関するガット上の協定。正式名称は関税及び貿易に関する一般協定第6条の実施に関する協定で,ケネディ・ラウンドの際に作成され,東京ラウンドで改訂された。元来ガットは,第6条において他国のダンピングに対して関税を設けるなどのダンピング防止措置を採ってもよいとされていたが,その運用基準が明確でなく,しばしば紛争の種となっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンチ・ダンピング協定の関連情報