コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンツィラベ アンツィラベAntsirabé

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンツィラベ
Antsirabé

マダガスカル中部の町。アンタナナリボ南南西約 120km,標高 1270mの高地に位置。温泉保養地で,競技場,スポーツ施設,病院などがある。周辺は肥沃な農業地帯で,米作のほかタバコ,果物などの栽培や酪農が行われ,その加工業が盛ん。農業試験場がある。人口4万 8000 (1982推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アンツィラベの関連キーワードアンカラトラ山地アンチラベ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android